創業大正五年 高菜漬を愛する会社

ネット注文もOK tel:0944-52-3003
トップページ > 会社概要 > オギハラ食品の歩み
オギハラ食品の歩み
大正 5 年 創業者、荻原専太郎が大牟田市浜田町(現本社住所)に荻原漬物店を創業
昭和17年 複数の業者が集まり大牟田漬物佃煮有限会社を設立 荻原専太郎が代表取締役となる
昭和19年 大牟田空襲により戦災で全焼失
昭和21年 荻原恒夫が同浜田町(現本社住所)に荻原漬物店を再度開店し第二の創業となる
昭和44年 九州山口圏漬物品評会において高菜漬が最高賞の農林大臣賞を受賞する
関東関西に販路を拡げる
昭和45年 業界でも先駆的に高菜の油炒めを本格量産化 同時に海外産地の開拓を開始
昭和62年 資本金300万円にて有限会社荻原食品を設立 荻原恒夫が代表取締役に就任
平成 4 年 元祖三池ごまたかなを開発
平成 5 年 本社工場を前面改装し設備を一新、生産量5倍のキャパシティになる
平成11年 資本金1000万円にてオギハラ食品株式会社を設立 荻原一利が代表取締役に就任
平成12年 外部の品質管理コンサルタントの指導を受け、工場の衛生管理と品質管理体制の改革を開始
平成13年 新工場を本社工場として新設2工場体制に 設備を一新し生産量2倍のキャパシティになる
平成16年 業界に先駆けてエックス線異物探知器を導入
平成26年 事務所・工場を増築し、生産量1.5倍のキャパシティになる
平成28年 荻原浩幸が代表取締役に就任