創業大正五年 高菜漬を愛する会社

会社情報
  • 会社概要
  • トップメッセージ
  • 経営理念
  • オギハラ食品の歩み
会社概要
  • 社名オギハラ食品株式会社
  • 代表代表取締役社長 荻原浩幸
  • 所在地福岡県大牟田市浜田町20-7
  • 連絡先[TEL] 0944-52-3003 [FAX] 0944-51-3003
  • 創業大正5年4月
  • 設立年月昭和62年11月
  • 主力製造商品元祖三池ごまたかな、明太子高菜、高菜油炒め
    業務用高菜製品、業務用OEM製品
  • 従業員数74名
  • 主要取引銀行西日本シティ銀行大牟田支店、福岡銀行大牟田支店、十八銀行久留米支店
  • 加盟団体全日本漬物協同組合連合会、九州山口漬物協会、福岡県漬物工業協同組合
  • 製造環境管理イカリ消毒株式会社
  • 品質管理、工場衛生監修、クレーム対応監査株式会社角野品質管理研究所
  • 会計税務経営サポート税理士法人コスモス
  • 顧問弁護士國武綜合法律事務所
  • 工場製造工場2ヶ所、原料漬込み工場1ヶ所、原料保管倉庫1ヶ所
  • 受賞実績農林大臣賞受賞 明治神宮奉納 九州山口漬物振興展 福岡県観光連盟土産品推奨
    食品衛生事業功労者厚生労働大臣表彰(食品衛生優良施設)
  • 弊社へのお問い合わせはこちらお問い合わせ
トップメッセージ
いつも当社の高菜漬製品をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
当社は大正五年より福岡大牟田の地で高菜漬を作り続けて105年になり、私で四代目となります。
高菜漬は九州の特産品として古くから親しまれ、今では全国的に認知される様になりました。その大きな要因は高菜漬を使った料理レシピのレパートリーの多さだと考えられます。そのままご飯のお供に、ラーメンやパスタのトッピングに、お肉と炒めておかずレシピに、もちろんチャーハンにも。様々な料理に絶妙な風味と食感のアクセントをもたらしてくれます。
大牟田発祥とされる三池高菜種は寒暖のある大地で栽培され、ウコンと塩のみでじっくり乳酸発酵させることで独特の酸味と風味が付与され、万能食材になります。当社ではこの高菜漬のおいしさを最大限に活かした製品づくりを心がけ、無性に食べたくなる味を追求しています。その為、日々高菜漬と向き合い、生産者からお客様までが持続可能な一本の線で繋がるような経営を目指しています。言わば、じわりと高菜漬のファンを作っていく仕事です。
これからも当社は食卓の応援団として、スタッフ一丸となって皆様に愛されるような製品づくり、会社づくりに取組んで参ります。
今後とも皆様の一層のお引き立て、ご鞭撻を賜ります様よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長

荻原浩幸
経営理念
経営理念
伝統を守り、革新を続け、食文化に貢献する
高菜漬の可能性を追求し、さらにおいしく、食生活をもっと豊かに
経営方針

一、高菜漬のおいしさで様々な食シーンに喜びを提供します。
一、清潔な工場と元気あふれるスタッフで製品づくりをします。
一、誇りをもって伝統的食文化を受継ぎファンを拡大します。
一、ブランド価値の向上に努めます。
一、スタッフが自慢したくなる会社をつくります。

行動方針
高菜漬愛 食品衛生7S活動の徹底 思いやりと感謝 元気な挨拶
オギハラ食品の歩み
  • 大正5年創業者、荻原専太郎が大牟田市浜田町(現本社住所)に荻原漬物店を創業
  • 昭和17年複数の業者が集まり大牟田漬物佃煮有限会社を設立 荻原専太郎が代表取締役となる
  • 昭和19年大牟田空襲により戦災で全焼失
  • 昭和21年荻原恒夫が同浜田町(現本社住所)に荻原漬物店を再度開店し第二の創業となる
  • 昭和44年九州山口圏漬物品評会において高菜漬が最高賞の農林大臣賞を受賞する
    関東関西に販路を拡げる
  • 昭和45年業界でも先駆的に高菜の油炒めを本格量産化 同時に海外産地の開拓を開始
  • 昭和62年資本金300万円にて有限会社荻原食品を設立 荻原恒夫が代表取締役に就任
  • 平成4年元祖三池ごまたかなを開発
  • 平成5年本社工場を前面改装し設備を一新、生産量5倍のキャパシティになる
  • 平成11年資本金1000万円にてオギハラ食品株式会社を設立
    荻原一利が代表取締役に就任
  • 平成12年外部の品質管理コンサルタントの指導を受け、工場の衛生管理と品質管理体制の改革を開始
  • 平成13年新工場を本社工場として新設2工場体制に 設備を一新し生産量2倍のキャパシティになる
  • 平成16年業界に先駆けてエックス線異物探知器を導入
  • 平成26年事務所・工場を増築し、生産量1.5倍のキャパシティになる
  • 平成28年荻原浩幸が代表取締役に就任
ページトップへ